新国立劇場舞台美術センター資料館
企画展「日本オペラのあゆみ」

日本のオペラ史の初めから、国産のオペラを創造することは最高の夢でした。 その夢をかなえるためになされた様々な試みは、新国立劇場の公演にも脈々と受け継がれています。 今回の展示では、その創作のあゆみを振り返り、山田耕筰の「夜明け」を始め、日本オペラ協会の活動、 また「夕鶴」「建TAKERU」の作曲者で、今年惜しくも亡くなられた團伊玖磨氏の業績などを中心に紹介します。

◇開催期間 2001年9月1日(土)〜11月25日(日)

パンフレット

○開館時間 午前10時〜午後4時30分(ただし入場は午後4時まで)
月曜休館 (月曜が休日のときは翌日休館)
○入場料 大人200円 小人100円(団体割引有)
○問い合わせ TEL 0479-30-1048
千葉県銚子市豊里台1丁目1044番地
○交通 JR成田線下総豊里駅下車徒歩15分
東関東自動車道佐原香取インター下車30分


このページのトップへ