新国立劇場舞台美術センター公開講座
「演劇ポスターのひそかな楽しみ」

講師:笹目浩之(現代演劇ポスター収集・保存・公開プロジェクト代表)
ポスターは、種々の情報を簡潔に伝達する広告媒体として資料的な価値を持っていますが、そのデザインや印刷技術など、優れた商業美術としての側面も見逃すことができません。
ことに演劇のポスターは、舞台を通して訴えかけようとする主張の表現だけでなく、観客の想像力を刺激して舞台へ足を運んでもらおうとする熱意が結晶して、様々なスタイルの傑作を生みだしてきました。
笹目氏は、現代演劇ポスター収集・保存・公開プロジェクト代表として、現在舞台美術センター資料館で開催中の「現代演劇ポスター展1999」企画の中心的な役割を果たしています。
演劇ポスターの収集にあたって体験した様々な出会いを中心に、街角の劇場ともいうべきポスターから広がる、豊かな想像力に満ちた世界を語っていただきます。

笹目浩之
87年、株式会社ポスターハリス・カンパニー(代表)設立。演劇、映画、美術展等のポスター配布媒体業務を確立。
90年より演劇の企画・プロデュースも多数。
94年、現代演劇ポスター収集・保存・公開プロジェクト(代表)を設立。
60年代以降の舞台芸術系ポスターを収蔵し、各界の研究や演劇自身の活性化に役立てている。
現在のポスターコレクションは約2万点、開催した展覧会は国内外約40ヶ所におよぶ。
大学等で講義も多数。

○日時 平成13年5月19日(土) 午後2時
○会場 新国立劇場舞台美術センター資料館
2階視聴覚室
○入場料(展示ホール入場料を含む) 大人200円 小人100円(団体割引有)
○問い合わせ TEL 0479-30-1048
千葉県銚子市豊里台1丁目1044番地
○交通 JR成田線下総豊里駅下車徒歩15分
東関東自動車道佐原香取インター下車30分
 
展示目録表紙
「現代演劇ポスター展 1999」展示目録表紙


このページのトップへ