「第8回読売演劇大賞」(2000年度)の最優秀女優賞に三田和代氏(2000年5月演劇公演「夜への長い旅路」に出演)の受賞が決定

 昨年1年間の舞台公演の中から優れた作品、出演者、スタッフ等に贈られる第8回読売演劇大賞がこのほど発表され、新国立劇場2000年5月演劇公演「夜への長い旅路」でメアリー役を好演した三田和代氏が最優秀女優賞を受賞することが決定いたしました。
  また、「夜への長い旅路」と新国立劇場2000年1月演劇公演「怒濤」の2作品が優秀作品賞、「怒濤」に主人公北里柴三郎役で出演した高橋幸治氏が優秀男優賞、「怒濤」を演出したマキノノゾミ氏が優秀演出家賞を、それぞれ受賞することが決まりました。
  贈賞式は2月28日、東京・丸の内のパレスホテルにて行われます。
  なお、最優秀女優賞を受賞した三田和代氏は、新国立劇場中劇場にて4月4日(水)〜25日(水)に上演される「紙屋町さくらホテル」(1997年10月の新国立劇場柿落とし公演の再演)に出演いたします。

「第8回読売演劇大賞」(2000年度) (注)新国立劇場関連のみ記載
   
◇ 最優秀女優賞  三田 和代
  (新国立劇場「夜への長い旅路」のメアリー・キャヴァン・ティローン役)
   
◇ 優秀作品賞
  「怒濤」(新国立劇場)
「夜への長い旅路」(新国立劇場)
   
◇ 優秀男優賞
  高橋 幸治(新国立劇場「怒濤」)
   
◇ 優秀演出家賞
  マキノノゾミ(新国立劇場「怒濤」)


このページのトップへ