2001/2002シーズン
演劇ラインアップの発表

 2000年10月31日(火)午後2時より、新国立劇場2001/2002シーズン(2001年9月〜2002年6月)演劇ラインアップの記者発表が行われ、約30名の報道関係者を前に、栗山民也演劇芸術監督により、9演目の発表が行われました。
  ラインアップの詳細は以下のとおりです。 今後とも、新国立劇場の公演にどうぞご期待ください。


2001/2002シーズン 演劇ラインアップ

2001. 9
新国立劇場海外招待作品vol.1 太陽劇団(テアトル・デュ・ソレイユ)
Tambours sur la Digue(堤防の上の鼓手) ●中劇場
作:エレーヌ・シクスー
翻訳:佐伯隆幸
演出:アリアーヌ・ムヌーシュキン
音楽:ジャン=ジャック・ルメートル 

2001.10〜11
コペンハーゲン ●小劇場
作:マイケル・フレイン
翻訳:平川大作
演出:鵜山 仁

2001.12
美女で野獣 ●小劇場
作:荻野アンナ
演出:宮田慶子

シリーズ/チェーホフ・魂の仕事  小劇場連続公演vol.2
2002. 1
かもめ ●小劇場
作:アントン・チェーホフ
翻訳:小田島雄志(マイケル・フレインの英訳より)
演出:マキノノゾミ
2002.2〜3
the Sneeze/くしゃみ ●小劇場
原作:アントン・チェーホフ
台本:マイケル・フレイン
翻訳:小田島恒志
演出:熊倉一雄
2002. 4
『三人姉妹』を追放されしトゥーゼンバフの物語 ●小劇場
作・演出:岩松 了
2002. 5
ワーニャおじさん ●小劇場
作:アントン・チェーホフ
翻訳:小野理子
演出:栗山民也
2002.6〜7
桜の園 ●小劇場
作:アントン・チェーホフ
演出:栗山民也

2002.6
日韓合同企画作品 光の都(仮題) ●小劇場
作:平田オリザ、パク・リョンモク(交渉中)
演出:イ・リョンフン、平田オリザ


このページのトップへ