新国立劇場からのおしらせ

平成27年度 法人賛助会員・協賛企業 懇談会が開催されました


1月24日(日)「平成27年度 法人賛助会員・協賛企業 懇談会」がオペラ「魔笛」初日公演終了後に、レストラン「マエストロ」にて開催されました。

日頃より当劇場をご支援いただく企業、団体の皆様に感謝を申し上げるとともに、出演者や劇場スタッフとの交流を通して、劇場の活動へのご理解をより深めていただく貴重な機会となりました。


当財団の尾﨑元規 理事長がご挨拶し、日本の芸術・文化の振興を支える皆様へ御礼の言葉を述べました。
続いて来賓代表として青柳正規 文化庁長官から、より優れた公演を上演しより多くの観客にご覧いただくには、賛助会員の皆様の一層のお力添えが必要であり、引き続きご理解とご支援をたまわれるようお話しくださいました。

飯守泰次郎 オペラ芸術監督と大原永子 舞踊芸術監督が、新国立劇場を今後ますます発展させていくと語ると、

公演を終えたばかりの「魔笛」出演者や新国立劇場バレエ団ダンサーが登場し、ご支援に対する感謝のメッセージを伝え、法人賛助会員および協賛企業の皆様との交流を深めました。


新国立劇場では、よりよい舞台をお届けするために、皆様からのご支援をお願いしております。

詳しくはこちらをご覧ください



尾﨑元規 理事長
青柳正規 文化庁長官


飯守泰次郎 オペラ芸術監督
大原永子 舞踊芸術監督




新国立劇場バレエ団ダンサーとご歓談
「魔笛」出演者に公演の感想を伝えていただきました



「ラ・シルフィード」の出演をひかえた新国立劇場バレエ団ダンサーのみなさん
(前列左より)菅野英男、福岡雄大、奥村康祐、井澤 駿
(後列左より)小野絢子、長田佳世、米沢 唯、細田千晶



オペラ「魔笛」出演者のみなさん
(前列左より)ロベルト・パーテルノストロ、妻屋秀和、鈴木 准、増田のり子
(後列左より)佐藤美枝子、萩原 潤、鷲尾麻衣、晴 雅彦