新国立劇場からのおしらせ

初台駅列車接近メロディー 発表記念セレモニーが開催されました

 


初台駅の列車接近メロディーが12月15日よりオペラ・バレエにちなんだメロディーに変わったことを記念し、

同日15日 初台駅直結の新国立劇場 オペラパレス ホワイエにて、初台駅列車接近メロディー 発表記念セレモニーが開催されました。

 

京王電鉄株式会社 京王東管区長 金子 修氏、新国立劇場 常務理事 中島 豊、

編曲 川瀬浩介氏、新国立劇場バレエ団プリンシパル 小野絢子、福岡雄大が登壇し、

多数のマスコミ各社及び一般の方のご参加の下、この歴史的な瞬間を祝しました。

 

(ページ最下部に映像あり)


(左より)川瀬浩介(編曲)、福岡雄大(新国立劇場バレエ団プリンシパル)、金子 修(京王電鉄株式会社 京王東管区長)、
小野絢子(新国立劇場バレエ団プリンシパル)、中島 豊(新国立劇場 常務理事


 

 

新国立劇場オペラ研修所修了生ユニット PIVOTにより「くるみ割り人形」の「行進曲」が合唱される中、

新国立劇場バレエ団プリンシパルの小野絢子、福岡雄大より、京王東管区長の金子修氏にくるみ割り人形が手渡されました。

 

 

くるみ割り人形の贈呈
新国立劇場オペラ研修所修了生ユニット PIVOTの合唱

 

 

初台駅のメロディーは、新国立劇場バレエ「くるみ割り人形」公演の最終日である12月27日(日)まで「くるみ割り人形」より「行進曲」が流れます。

28日(月)以降は1番ホームがバレエ「眠れる森の美女」より「ガーランド・ワルツ」、

2 番ホームがオペラ「アイーダ」より「凱旋行進曲」に変更になります。

 

劇場へお越しの際は、ぜひ初台駅でも耳を澄ませてみてください。

 


You Tube 映像