新国立劇場からのおしらせ

東日本大震災から4年にあたり



東日本大震災から4年。あらためて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

 劇場内各所に設置した募金箱にお預かりした支援金は、現在でも日本芸術文化振興会を通じ、復興支援を目的とした芸術文化活動の支援のために活用させていただいております。 

 

 劇場スタッフ一同、被害にあわれた皆様方の一日も早い復興と、お心が癒される日がくることをお祈り申し上げております。

 

 新国立劇場では震災直後より、災害時の対応を再確認し、劇場係員への教育を徹底、お客様の安全確保のための様々な取り組みを行っております。  

 

 今後とも、お客様の安全確保に万全を期し、上質な公演を安心してご覧いただけるように、3人の芸術監督と役職員一同、一丸となって努力してまいります。これからも新国立劇場にご愛顧・ご支援を賜りたくお願い申し上げます。

 

平成27年3月

公益財団法人 新国立劇場運営財団

理事長 尾﨑元規