2018/2019シーズン
演劇「オレステイア」
Oresteia
中劇場

憎悪と復讐という負の連鎖を宿命として負う息子オレステス。ギリシャ悲劇がロバート・アイクの新翻案で21世紀によみがえる。

2017/2018シーズン『1984』に続き、世界が注目のイギリスの作家、ロバート・アイクによる『オレステイア』を日本初演します。この作品は、アイスキュロス作の「オレステス」の悲劇を中心とした『オレステイア』三部作を軸に、その他のギリシャ悲劇も盛り込みながらアイクが再構成した意欲作です。演出の上村聡史は、「オレステス」も含む10本のギリシャ悲劇を集大成した戯曲『グリークス』(ジョン・バートン他編)を通し上演するなど、ギリシャ悲劇にも精通し、かつ、古典であろうと常に批評精神と現代的な視点で物語を紡ぐ卓越した演出力が評価されています。イギリスと日本の若き才能が火花を散らす、まさに世界が注目する舞台です。

ニュース

Twitter Facebook YouTube SNSでも最新情報をチェック!

公演日程・チケット

公演日程

2019年6月(詳細は決定次第お知らせ致します。)

予定上演時間:未定

後日ご案内いたします。

正式な上演時間は開幕直前の表示をご確認ください。

チケット料金(税込)

未定

今すぐチケットを購入する

前売り開始日

会員先行販売期間:2019年3月30日(土)10:00~4月10日(水)
一般発売日:2019年4月14日(日)10:00

スタッフ・キャスト

スタッフ

原作
アイスキュロス
ロバート・アイク
翻訳
平川大作
演出
上村聡史
  • (翻訳)

    平川大作

  • (演出)

    上村聡史

プロフィールを表示する

プロフィール

【原作】アイスキュロス(Aeschylus)
紀元前525年頃生~456年頃没。ソフォクレス、エウリピデスと並び、古代アテナイの三大悲劇詩人の一人。20代より作劇を始め、生涯に90もの作品を世に生み出した、ギリシア悲劇隆盛の立役者である。様式面でも改革を行い、それまでコロスと俳優1人だけの問答形式で上演されていた当時、俳優を2人に増やすことで、言葉のやりとりを可能にした。
『オレステイア』は『アガメムノン』『供養する女たち』『慈みの女神たち』からなる三部作で、アイスキュロスの代表作である。
【作】ロバート・アイク(Robert ICKE)
イギリスの劇作家・演出家。現在、アルメイダ劇場のアソシエイト・ディレクター。
『1984』で、2013年リヴァプール・アート・アワード最優秀演出家賞、2014UKシアター・アワード最優秀演出家賞を受賞、同作は2014年オリヴィエ賞、優秀新作戯曲賞にノミネートもされている。また『オレステイア』で2015年、英国演劇批評家賞、イブニング・スタンダード演劇賞最優秀演出家賞、2016年オリヴィエ賞最優秀演出家賞を受賞。
【翻訳】平川大作(HIRAKAWA Daisaku)
九州大学文学部、大阪大学大学院演劇専攻で学び、「ひょうご舞台芸術」に調査研究員として参加。2000年より大手前大学に勤務。メディア・芸術学部教授。11年『モジョ ミキボー』で第3回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞。そのほかの主な翻訳作品に『扉を開けて、ミスター・グリーン』『アテンプツ・オン・ハー・ライフ』など。新国立劇場では『コペンハーゲン』『OPUS/作品』『バグダッド動物園のベンガルタイガー』『フリック』『1984』の翻訳を手掛けている。
【演出】上村聡史(KAMIMURA Satoshi)
1979年生まれ。2001年文学座付属演劇研究所に入所。06年座員に昇格、09年より文化庁新進芸術家海外留学制度により1年間イギリス・ドイツに留学。14年に新国立劇場で上演された『アルトナの幽閉者』をはじめ他の演出作品で第17回千田是也賞を受賞。また演出を手掛けた『炎 アンサンディ』が第69回文化庁芸術祭賞大賞、第22回読売演劇大賞最優秀演出家賞を受賞。主な演出作品に『信じる機械』『ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる』『当世極楽気質』『悲しみを聴く石』『対岸の永遠』『弁明』『中橋公館』『冒した者』『岸 リトラル』など。新国立劇場では他に『城塞』(17年)を演出し、好評を博した。

ものがたり

ドクターがオレステスに小さい頃の記憶を尋ねている。「二羽の鷲と一匹の野ウサギ」。野ウサギのお腹の中には子ウサギがいる―。
オレステスの父アガメムノンは戦争の勝利のために「子殺し」の神託を実行し、幼い娘イピゲネイアは生贄として殺害された。そして凱旋の日、夫の帰りを盛大に迎えたクリュタイメストラは、その夜自らの手で娘の仇である夫を殺す。
トラウマのために混乱するオレステスに、ドクターは真実を見るよう促す―。
ついにオレステスは父の仇である母クリュタイメストラを殺害。その罪をもって裁判にかけられる。

チケット購入・割引等のご案内

チケットについて別ウィンドウで開きます

割引等のご案内

お申し込みの際に、割引をご利用の旨お知らせください。(Z席は対象外)

  • 高齢者割引(65歳以上)・学生割引:5%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、チケットぴあ一部店舗のみ取扱。要年齢証明書または学生証。
  • ジュニア割引(小中学生):20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)、Webボックスオフィス、チケットぴあで取扱。入場時年齢確認あり。
  • 当日学生割引:50%割引
    • 公演当日10:00より残席がある場合のみボックスオフィス窓口、チケットぴあ一部店舗で取扱。要学生証。
  • 障害者割引:20%割引
    • ボックスオフィス(窓口・電話)のみ取扱。要障害者手帳等。

車椅子をご利用のお客さまはボックスオフィスまでお問い合わせください。

Z席の購入方法

  • 公演当日朝10:00から新国立劇場ボックスオフィス窓口にて販売いたします。1人1枚、電話予約はできません。

グループでのお申し込み

10名以上でのご観劇の場合は新国立劇場営業部(TEL:03‐5352‐5746)までお問い合わせください。

チケット購入時の注意

  • 就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
  • 公演日、席種によっては、お求めになれないことがあります。
  • 壁際、手摺近くの一部のお座席で、舞台が見えにくい場合がございます。
  • 公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
  • やむを得ない事情により出演者が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット取り扱い

チケットぴあ

0570-02-9999

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

イープラス

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

ローソンチケット

0570-000-407(オペレーター受付)

0570-084-003

WEBからのご購入はこちら別ウィンドウで開きます(PC&携帯)

JTB・近畿日本ツーリスト・日本旅行・東武トップツアーズ ほか