[演劇関連イベント]コラボ企画、7月公演「怒りをこめてふり返れ」トークイベント

ブラナー・シアター・ライブ(BTLive)アンコール上映後 コラボイベント開催!
7月演劇「怒りをこめてふり返れ」作者ジョン・オズボーンの魅力に迫る特別トークショーです。

 

最近は、演劇を映像で観る機会も多くなりました。今年、日本で劇場公開されたブラナー・シアター・ライブ(「冬物語」「ロミオとジュリエット」など)は、ロンドンのギャリック劇場での公演を映画館で体験できるシリーズですが、年末年始に上映の「エンターテイナー」千秋楽終映後に、翻訳家水谷八也氏のトークイベントを、新国立劇場が共催することとなりました!

水谷八也氏は2017年7月上演予定の新国立劇場演劇「怒りをこめてふり返れ」の翻訳を担当しています。「怒りをこめてふり返れ」はBTLive「エンターテイナー」と同じ劇作家のジョン・オズボーンによって書かれた戯曲です。


若くして発表した「怒りをこめてふり返れ」が話題になり、"怒れる若者"という社会現象を巻きおこし、演劇界で欠くことのできない存在になったオズボーンについて、自ら彼の作品の翻訳を手がける、水谷氏ならではのお話を、お楽しみください。

2017年1月7日(土)シネ・リーブル池袋にて、日本でファイナル上映の回になる「エンターテイナー」の上映後に開催します。

ぜひご来場ください!



======================================

〈イベント概要〉
BTLive「エンターテイナー」× 新国立劇場「怒りをこめてふり返れ」
~翻訳家水谷八也さん<ジョン・オズボーン>を語る~


ゲストトーカー:水谷八也(翻訳家・早稲田大学教授)
進行:大堀久美子(演劇ライター)
日時:2017年1月7日(土)16:00からの「エンターテイナー」上映後
   トークショー終了は19:10頃を予定しています。
場所:シネ・リーブル池袋

チケット購入方法:劇場HPまたは窓口にて
http://www.ttcg.jp/cinelibre_ikebukuro/
(右バーに表示される「オンラインチケット予約」からご購入ください)

料金:一般3,000円、学生2,500円
(トークショーについて観覧料金は発生いたしません。トークショーのみの参加はご遠慮いただいています。)

内容:劇作家ジョン・オズボーン(「エンターテイナー」「怒りをこめてふり返れ」)が生み出す作品に込められた面白さなど、ジョン・オズボーンを中心に、広くは英国演劇について水谷先生と大堀久美子さんならではの楽しみ方をお伺いします。

========================================
BTLive「エンターテイナー」 公演概要


作:ジョン・オズボーン
出演:ケネス・ブラナー
演出:ロブ・アシュフォード 振付:クリス・ベイリー
会場:シネ・リーブル池袋
上映日:12月31日(土)・2017年1月2日(月)~1月7日(土)

ストーリー:
第二次大戦後のイギリスを舞台に、古びたミュージックホールで露わにされるライス一家の人間関係を描いたドラマ。ケネス・ブラナーはアーチー・ライスを演じ、ロブ・アシュフォードが演出する。

=====================================
新国立劇場演劇「怒りをこめてふり返れ」 公演概要

 

会場:新国立劇場 小劇場

公演日程:2017年7月12日(水)~30日(日)

作:ジョン・オズボーン 翻訳:水谷八也 演出:千葉哲也

出演:中村倫也 中村ゆり 浅利陽介 三津谷葉子 真那胡敬二

一般発売日:4月22日(土)

料金:A席6,480円、B席3,240円

 

ストーリー:

英国中部の大都会の屋根裏部屋。貧しい下層階級に生まれたジミーは、妻アリソンと友人クリフとの奇妙な三人の共同生活を続けていた。ジミーは、政治、宗教や、あらゆる旧世代の価値観に激しい怒りをぶちまけている。ある日、アリソンの友人ヘレナが部屋を訪れるが、アリソンが怒りの矛先となっているのを見かね手を差し伸べるが・・・。