「トロイ戦争は起こらない」が初日を迎えました

新国立劇場開場20周年記念公演  

演劇「トロイ戦争は起こらない」が初日を迎えました。

 

ジロドゥの不朽の名作 平和を愛する男は戦争を止められるか

新国立劇場、宮田慶子演劇芸術監督のラストシーズンとなる、2017/2018シーズン。そのオープニングを飾るのは、フランス近代演劇の金字塔『トロイ戦争は起こらない』です。今も世界の演劇史に燦然とその名を残すジャン・ジロドゥ不朽の名作に、栗山民也が挑みます。 1944年に死去したジロドゥは小説家、劇作家のほか、フランス外務省の高官としても活躍し、情報局総裁まで務めました。そんなジロドゥが1935年、ナチスドイツが台頭する中、戦争に突き進む人間の愚かしさをあぶり出し、平和への望みをかけて書いたのが、本作『トロイ戦争は起こらない』です。外交官としての冷徹な目と、詩人としての想像力が光る傑作として、今も世界各地で上演され続けている名作です。

 

主演の鈴木亮平より開幕直前インタビューも届きました。ぜひご覧ください!

 


奥から鈴木亮平、一路真輝

 

 

主演・鈴木亮平 開幕直前インタビュー


チケットは好評発売中。こちらよりお求めいただけます

また、同じく開場20周年記念公演「プライムたちの夜」(浅丘ルリ子主演!)も同時に割引価格でお求め頂ける2作品通し券も発売中です。

詳細はこちら:http://www.nntt.jac.go.jp/play/news/detail/13_010917.html

ぜひお見逃しなく!