演劇『1984』大杉 漣出演決定のお知らせ

新国立劇場演劇公演『1984』に大杉 漣の出演が決定しました。

 

ジョージ・オーウェルの傑作小説を原作に監視社会の恐怖を描く

『プライムたちの夜』に続く、現代欧米戯曲の日本未発表作品を上演する企画第6弾。2014年にオリヴィエ賞にノミネートされた秀作『1984』を取り上げます。
1948年に執筆された、ジョージ・オーウェルの傑作小説『1984』を元に、その小説の中にある"附録"に記された「ニュースピークの諸原理」の意義に迫って戯曲化した意欲作。核戦争後の全ての人々が監視され統制されている1984年の社会を、"附録"が書かれたと思われる2050年以降に生きる人々が分析、やがて小説の世界へと入っていく......。
演出には、新国立劇場で『OPUS/作品』、『星ノ数ホド』を演出し、2016年9月に新国立劇場演劇芸術参与に就任した小川絵梨子があたります。

 

新国立劇場 開場20周年記念 2017/2018シーズン演劇公演

『1984』

 

2018年4~5月 小劇場

原作:ジョージ・オーウェル

作:ロバート・アイク ダンカン・マクミラン

翻訳:平川大作

演出:小川絵梨子

出演:

井上芳雄 大杉 漣 ほか

 

☆公演についての詳細はこちら