リーディング公演 こころで聴く三島由紀夫Ⅴ「卒塔婆小町」が山中湖村で上演されます

三島由紀夫の近代能楽集を、新国立劇場の制作で上演。リーディング「こころで聴く三島由紀夫」第五弾!

三島由紀夫文学館主催、新国立劇場制作のリーディング公演が今年も山中湖村公民館にて上演されます。

例年全国よりお客様にお越しいただき、ご好評をいただいているこの企画も5年目を迎えました。


本年も演劇芸術監督である宮田慶子が演出を担当、ゲスト俳優をお招きし、演劇研修所を修了した俳優たちが出演します。

三島演劇の魅力をどうぞお楽しみ下さい。




こころで聴く三島由紀夫V リーディング「卒塔婆小町」
(演劇研修所修了生出演公演)

8月11日(木・祝)13:00~15:30頃 *アフタートークあり

会場:山中湖村公民館


演出:宮田慶子

出演:春風ひとみ 牧田哲也
   寺内淳志(7期修了) 坂川慶成(8期修了) 鈴木麻美(8期修了) 永澤洋(8期修了)

   岡崎さつき(9期修了) 加茂智里(9期修了) 草彅智文(9期修了)

主催:山中湖文学の森 三島由紀夫文学館・山中湖村教育委員会

制作:新国立劇場


ーあらすじー

夜の公園でモク拾いの老婆が若い詩人に、自分は昔「小町といはれた女」で、自分を美しいと言った男は皆死んだと語る。

80年前、参謀本部の深草少将と約束した100日目に鹿鳴館の舞踏会があった。

当時の男女が現れ小町を賛美する。詩人は小町と踊り、「君は美しい」と告げ・・・



*アフタートーク

宮田慶子×松本徹(三島由紀夫文学館館長)×佐藤秀明(近畿大学教授)

*入場無料、事前申し込み

申込については主催者ウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ・お申し込み先:山中湖文学の森 三島由紀夫文学館

TEL:0555-20-2655 ホームページ:http://www.mishimayukio.jp