氷見 健一郎 バスHIMI Kenichiro Bass

第18期生

富山県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程声楽オペラ専攻修了。バスソリストとして、バッハの《マニフィカート ニ長調》、モーツァルトの《戴冠ミサ》、《ハ短調ミサ》、ベートーヴェンの《ミサ・ソレムニス》、《交響曲第9番》、フォーレの《レクイエム》に出演。オペラではモーツァルトの《ドン・ジョヴァンニ》レポレッロ、騎士長、《魔笛》ザラストロ、ロッシーニの《セヴィリアの理髪師》バジリオ、プッチーニの《ラ・ボエーム》コッリーネ、《ジャンニ・スキッキ》シモーネなどを演じる。第12回北陸新人登竜門コンサートにて井上 道義氏と共演。第17回松方ホール音楽賞奨励賞を受賞。これまで声楽を瀬戸 和江、黒崎 隆憲、長谷川 顯、多田羅 迪夫の各氏に師事。