各国駐日大使がオペラ「フィデリオ」をご観劇なさいました


5月30日(水)、新国立劇場14機関の駐日大使や文化機関代表が来場されオペラ「フィデリオ」ご鑑賞になりました。

新国立劇場開場20周年を記念し新制作された本プロダクションは、世界のオペラの最前線をリードするカタリーナ・ワーグナーの斬新な演出が、初日公演から大きな反響を呼んでいます。また、飯守泰次郎芸術監督が任期中に指揮をとる最後の公演でもあります。

カタリーナ・ワーグナーの大胆な新演出と飯守泰次郎の気力に満ち溢れた音楽、そしてステファン・グールド、リカルダ・メルベートをはじめとする内外のトップ歌手陣の熱演に駐日大使や文化機関代表は大きな拍手を送られました。

幕間には新国立劇場 常務理事によるスピーチが行われ、その後歓談のひとときを過ごしました。



「フィデリオ」は6月2日(土)14時開演の一公演を残すのみとなりました。飯守芸術監督の渾身のタクトによる4年間のシーズンの締めくくりを、ぜひご堪能ください


「フィデリオ」公演情報は
こちら

「フィデリオ」チケットのご購入はこちら




ヨシペル ルーマニア大使御夫妻、小倉 国際交流基金顧問御夫妻、 ローバック スウェーデン大使御夫妻


イシカワ ベネズエラ大使夫人、ヴェアテルン ドイツ大使


村田常務理事、マデン イギリス大使


ヴェアテルン ドイツ大使夫人、リムシャ ドイツ大使館広報文化部長御家族、中島常務理事

永田研修主管、ウガルテ セルバンデス文化センター館長


ラーゴ ブラジル大使御家族、エステヴェス ポルトガル大使御夫妻

デイ 国際連合大学シニア・アドバイザー御夫妻、デオリ スペイン大使館文化担当参事官