2017/2018シーズン オペラ「ばらの騎士」出演者変更のお知らせ

2017/2018シーズン オペラ「ばらの騎士」(2017年11月30日~12月9日)に出演を予定しておりました

オクタヴィアン役 ダニエラ・シンドラムは、健康上の理由により出演できなくなりました。

代わりまして、ステファニー・アタナソフが出演いたします。


「ばらの騎士」公演情報はこちら



ステファニー・アタナソフ (Stephanie ATANASOV)


ウィーン生まれ。ウィーン国立音楽大学で学ぶ。06~12年ザクセン州立歌劇場のアンサンブル・メンバーを務める。「ナクソス島のアリアドネ」作曲家、「フィガロの結婚」ケルビーノ、「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル、「セビリアの理髪師」ロジーナ、「コジ・ファン・トゥッテ」ドラベッラ、「ファウストの劫罰」マルグリートなどをレパートリーとしザルツブルク音楽祭、ベルリン州立歌劇場など欧州各地の歌劇場で活躍。「ばらの騎士」オクタヴィアン役は、09年キール歌劇場、10年ベルリン・ドイツ・オペラ、13年クラーゲンフルト市立劇場で歌っている。新国立劇場には15年「ばらの騎士」オクタヴィアンに出演しており、18年1月「こうもり」オルロフスキー公爵にも出演予定。