オペラ「ジークフリート」リハーサルの様子をご紹介します

2016/2017シーズンを締めくくる作品、"ニーベルングの指環"第2日「ジークフリート」のリハーサルが進んでます。

立稽古は5月上旬にスタート、徐々にキャストが加わり、壮大な対話劇である「ジークフリート」の世界を少しずつ創り上げています。この"指環"で4作品すべての主要テノールに出演中のグールドをはじめ、「ラインの黄金」「ワルキューレ」に出演してきたキャストも多く、フィンランド国立歌劇場からの演出スタッフと共に、フリードリヒ演出の"指環"の哲学がさらに深く掘り下げられています。

稽古場では、並行してオーケストラ練習、音楽稽古も行われ、6月1日の初日開幕に向け、ワーグナー楽劇の世界が一歩一歩読み解かれています。

「ジークフリート」公演に先立ち、5月17日(水)には「ジークフリート ハイライトコンサート」も開催します。この公演には「ジークフリート」にカヴァーとして参加している、日本を代表する歌手たちが出演します。ハイライトコンサートのリハーサルも進んでおり、稽古場はワーグナー熱に満たされています。



「ジークフリート」公演情報はこちら

チケットのお求めはこちら(Webボックスオフィス)

「ジークフリート ハイライトコンサート」公演情報はこちら


第1幕立稽古より ステファン・グールド(ジークフリート)
第1幕立稽古より アンドレアス・コンラッド(ミーメ)


指揮:飯守泰次郎
左:キム・アンベルラ(演出補) 右:アンドレアス・コンラッド


第3幕立稽古より グリア・グリムスレイ(ヴォータン)
第3幕立稽古より クリスタ・マイヤー(エルダ)


第3幕立稽古より グリア・グリムスレイ、ステファン・グールド
第3幕立稽古より リカルダ・メルベート(ブリュンヒルデ)、ステファン・グールド


オーケストラ練習の様子
指揮:飯守泰次郎