「セビリアの理髪師」が初日を迎えました


11月27日(日)、オペラ「セビリアの理髪師」が初日を迎えました。

ロッシーニのスペシャリストとして世界中で活躍するマキシム・ミロノフ、ベルカントのスター レナ・ベルキナ、
前回公演で朗々たる声と当意即妙な演技で大絶賛され再登場したダリボール・イェニス、芸達者で知られるルチアーノ・ディ・パスクアーレらが華麗な声の饗宴とコミカルな演技で客席を大いに盛り上げました。

イタリアの若き俊英フランチェスコ・アンジェリコの指揮のもと、東京フィルハーモニー交響楽団が軽快なロッシーニ・サウンドを繰り広げました。

2016年は『セビリアの理髪師』初演からちょうど200年。記念すべき年の締めくくりに、新国立劇場で楽しいひとときをお過ごしください。



レナ・ベルキナのインタビュー記事をこちらからお読みいただけます。
マキシム・ミロノフのインタビューはこちらです。



公演日時は以下のとおりです。この機会をどうぞお見逃しなく。

12月 1日(木)19:00
   4日(日)14:00 
   7日(水)14:00
   10日(土)14:00


電話でのチケットのお求めは―――
新国立劇場ボックスオフィス 
03‐5352‐9999 (10:00~18:00)へ

Webでのチケットのお求めは―――

こちらをクリック新国立劇場webボックスオフィスへ)