2015/16シーズン オペラ 「サロメ」 (2016年3月6日(日)初日/全4回公演) ヘロディアス役 出演者変更のお知らせ

2015/2016シーズン オペラ『サロメ』(2016年3月6日(日)初日 全4回公演)におきまして、


ヘロディアス役で出演を予定していた
ロザリンド・プロウライトは、本人の都合により、出演できなくなりました


代わりまして、ハンナ・シュヴァルツが出演いたします。

なお、ハンナ・シュヴァルツに関しまして、オペラ「イェヌーファ」の出演に変更はございません。


◎『サロメ』公演情報はこちら


ハンナ・シュヴァルツ <メッゾソプラノ>   Hanna Schwarz <Mezzosoprano>



<出演者プロフィール>

ハンブルク生まれ。75年バイロイト音楽祭に初登場以来「ニーベルングの指環」エルダ/フリッカ/ヴァルトラウテ、「トリスタンとイゾルデ」ブランゲーネなどを演じている。これまでにバイエルン州立歌劇場、ウィーン国立歌劇場、パリ・オペラ座、メトロポリタン歌劇場、サンフランシスコ・オペラ、ザルツブルク音楽祭などに出演。最近ではチューリヒ歌劇場「エレクトラ」クリテムネストラ、バイエルン州立歌劇場「軍人たち」ヴェーゼナーの老母、ハンブルク州立歌劇場「ダフネ」ゲアなどを演じている。新国立劇場では「ジークフリート」エルダ、「サロメ」ヘロディアスに出演。 現在、2015/2016シーズン「イェヌーファ」ブリヤ家の女主人で出演している。