オペラ「運命の力」が初日を迎えました


オペラ「運命の力」、本日(2015年4月2日(木))初日を迎えました。


8年ぶりの上演となる今回は、欧州各地で活躍する歌手たち、イアーノ・タマー、ゾラン・トドロヴィッチ、マルコ・ディ・フェリーチェ、

さらに、2014年1月の「カルメン」タイトルロールで大絶賛を博したケテワン・ケモクリーゼがプレツィオジッラ役で登場いたしました。

新国立劇場初登場のホセ・ルイス・ゴメス指揮による重厚な音楽が、この悲劇を見事に描き出しました。

 

公演は4月14日(火)まで、残り4回です。どうぞお見逃しなく! 

 

01-040-DS3_0038s.jpg

公演は3月21日(土・祝)まで、残り4回です。どうぞお見逃しなく!

★舞台写真を公開しました! こちらからご覧ください。
★公演詳細はこちらからご覧ください。