新国立劇場2015/2016シーズンオペラ『トスカ』トスカ役 出演者決定のお知らせ

2015/2016シーズン オペラ『トスカ』(2015年11月17日初日)におきまして、

出演者が未定となっておりましたトスカ役が、下記のように決定いたしましたのでお知らせいたします。

◎『トスカ』公演情報はこちら

 


トスカ:マリア・ホセ・シーリ  Tosca: Maria José Siri

Siri arrange.jpg
マリア・ホセ・シーリ

<出演者 プロフィール >

ウルグアイ生まれ。5歳でピアノを学び始める。2004年にイタリアのウンブラとリエティ、アルゼンチンのブエノスアイレス、スペインのビルバオなどのコンクールで 1位。ほかにも複数のコンクールで優勝。08年にジェノヴァのカルロ・フェリーチェ歌劇場、ザクセン州立歌劇場、シュトゥットガルト歌劇場、パレルモのマッシモ劇場などに出演し、国際的キャリアをスタート。09年にはゼッフィレッリ演出の『アイーダ』タイトルロールでミラノ・スカラ座にデビュー。スカラ座の来日公演にも出演している。ベルリン州立歌劇場、バルセロナのリセウ大劇場、スウェーデン王立歌劇場、デンマーク王立歌劇場、フィレンツェ歌劇場、ブレゲンツ音楽祭などに出演。『イル・トロヴァトーレ』レオノーラ、『椿姫』タイトルロール、『シモン・ボッカネグラ』アメーリア、『トスカ』タイトルロール、『二人のフォスカリ』ルクレツィア、『ラ・ボエーム』ミミ、『修道女アンジェリカ』タイトルロール、『道化師』ネッダ、『アンドレア・シェニエ』マッダレーナ、『エウゲニ・オネーギン』タチヤーナなど、イタリアものを中心に幅広いレパートリーを持つ。最近の出演と今後の予定には、トリノ歌劇場で『オテロ』、ヴァレンシアとサンパウロで『マノン・レスコー』、モンテカルロで『道化師』、ヴェローナ野外劇場で『アイーダ』、ブリュッセルで『仮面舞踏会』、スウェーデン王立歌劇場で『アンドレア・シェニエ』などがある。新国立劇場初登場となり、2015/2016シーズンの『アンドレア・シェニエ』マッダレーナに再登場が予定されている。