戯曲概要【仏】


 
作品名
日本語名
L'Emission de télévision
テレビ番組
言語 フランス語
作品について
登場人物(出演者)の数 10人(男4人、女6人)
主な登場人物(5名まで)
(名前、職業、年齢など)
ピエール・ドゥリル 53歳(男)
ローズ・ドゥリル その妻 50歳(女)
ポール・ドゥリル その息子 24歳(男)
ニコラ・ブラシュ 52歳(男)
カロリーヌ・ブラシュ その妻 46歳(女)
 
ところ 予審判事の執務室、ドゥリル家の台所、ブラシュ家のリビング、バー「ニューヨーク」、ホテルの部屋、ポールの部屋
作品解説・あらすじ
(400文字以内)
失業中の夫にテレビ出演の話が舞い込んできた。しかし出演にはライバルがいた。そして突然、夫は殺害される。片田舎に埋もれた検事、番組レポーター、家族それぞれにかかえる人間関係が次々に描かれ、真犯人はますます分からなくなっていく。結末のないアンチ・サスペンス劇。(佐藤康)
初演年
劇場
1990年
パリ、オデオン座
Théâtre de l'Odéon, Paris
新国立劇場での上演 なし
作家について
作家名 ミシェル・ヴィナヴェール
Michel Vinaver
プロフィール
(300文字以内)
(1927- ) ヌーヴォー・ロマンやT.S.エリオットの影響下で文学活動を開始し、断片を並列させる劇作術を得意としている。企業人としての経験を生かし、現代のビジネス社会と人間の関係を取り上げた作品も多い。代表作に『職探し』、『仕事と日々』、『2001年9月11日』など。現代作品の上演を推進するオピニオンリーダーとしても旺盛に活躍している。
出版状況
原語出版本
出版社名(出版年月)
Theatre complet 6 出版:Actes Sud(2002年)
L'Émission de télévision 出版:Actes sud(1992年)
翻訳出版本
出版社名(出版年月)
なし
著作権者(代理会社)
著作権者(代理会社)  
日本における代理店