戯曲概要【英】


 
作品名
日本語名
Breathing Corpses
呼吸する屍
言語 英語
作品について
登場人物(出演者)の数 7人(男4人、女3人)
主な登場人物(5名まで)
(名前、職業、年齢など)
エイミー(19歳、ホテルの客室清掃員)
ジム(45歳、トランクルーム経営者)
ケイト(35歳、自営業)
エレーヌ(46歳、ジムの妻)
チャーリー(30歳、ホテルの客)
9月末〜翌年1月後半
ところ ホテルの一室、トランクルーム、家の台所、ガレージ
作品解説・あらすじ
(400文字以内)
死が死を呼び、場面と場面は死によって連結し、やがて作品全体がメビウスの輪のような連鎖を描く話題作。第一場、ホテルの掃除係エイミーはベッドに横たわる死体=ジムを発見する。第二場、ジムは職場の貸しロッカー店で、ベン・エリオット名義で預かった異臭を放つ「何か」(おそらくは死体)を見てしまう。第三場、公園で女の子の死体(おそらくはエイミー)を発見したケイトは、同居人のベンが可愛がっている犬をめぐって喧嘩をし、(おそらくは)殺される。第四場、ジムは異臭を忘れられず、正気を失い、妻エレーヌとの関係が破綻し、(おそらくは)自殺する。第五場、仕事中のエイミーはホテルの一室でチャーリーに出会い、誘惑され、(おそらくは)殺される。(平川大作)
初演年
劇場
2005年
ロンドン、ロイヤル・コート・シアター
Royal Court Theatre, London
新国立劇場での上演 なし
作家について
作家名 ローラ・ウェイド
Laura Wade
プロフィール
(300文字以内)
1977年、イギリス、ベッドフォード生まれの女性劇作家。ブリストル大学で演劇を学ぶ。1996年に『Limbo』でデビューしたのち、2004年にソーホー劇場付きの作家となり、翌年『Colder Than Hare』が同劇場で、『呼吸する屍』がロイヤル・コート劇場で上演され、その年の「もっとも有望な劇作家」として注目を集める。
出版状況
原語出版本
出版社名(出版年月)
Breathing Corpses
出版:Dramatist's Play Service(2006年)
    Oberon Books Ltd(2006年)
翻訳出版本
出版社名(出版年月)
なし