戯曲概要【独】


 
作品名
日本語名
Das letzte Feuer
最後の炎
言語 ドイツ語
作品について
登場人物(出演者)の数 8人(男4人、女4人)+コロス
主な登場人物(5名まで)
(名前、職業、年齢など)
ズザンネ(子供の母)
ルートヴィヒ(その夫)
ローズマリー(夫の母)
エドゥナ(女性警官)
カロリーネ(夫の愛人)
2000年に入ったある年の8月
ところ ドイツのある町
作品解説・あらすじ
(400文字以内)
ドイツのある町に戦場からの帰還兵が帰ってきた。彼が道を歩いていると、パトカーの追跡を振り切ろうと一台の自動車が猛スピードで通りかかった。たまたま道でサッカーをしていた子供が驚いて飛び出し、帰還兵の目の前でパトカーにはねられてしまった――。このように「最後の炎」は、交通事故の話から始まる。ギリシア悲劇では悲しい出来事は直接描かれず、コロスが報告する形を取る。「最後の炎」も同じように、まず子供の死をコロスが語る。そしてコロスを構成する一人一人の物語が演じられる。それははねられて死んだ子供の母、その夫、夫の母、子供の母の女友達、パトカーを運転していた女性警官、追跡されていた自動車を運転していた男、その友人など、事故にかかわりのある人々の物語である。これらの人々は死んだ子供を軸にゆるく結び付いている。その結びつきを追いながら、デーア・ローアーは何気ない日常風景が死の影に覆われる様子を描く。2008年ミュールハイム戯曲賞受賞作。
(新野守広)
初演年
劇場
2008年
ハンブルク、タリーア劇場
Thalia Theater, Hamburg
新国立劇場での上演 シリーズ・同時代【海外編】スペシャル・イベントにてリーディング上演
(2009年4月)
作家について
作家名 デーア・ローアー
Dea Loher
プロフィール
(300文字以内)
1964年バイエルン州生まれ。ベルリン芸術大学で上演台本を書き始め、92年『オルガの部屋』でデビュー。次作の『タトゥー』、『リバイアサン』では、演劇専門誌「テアター・ホイテ」の年間最優秀新人劇作家(93年、94年)に選ばれる。ミュールハイム市演劇祭では、ゲーテ賞(93年『タトゥー』)と劇作家賞(98年『アダム・ガイスト』)、2006年ブレヒト賞を受賞。残酷と滑稽、グロテスクとユーモアが交錯する人間のありようを見据える目線、現代詩のようにミニマルでリズミカルな語りでイメージを掻き立てる劇的言語を特徴とする。2009年ベルリン文学賞を受賞。
出版状況
原語出版本
出版社名(出版年月)
Zwei Stücke(Das letzte Feuer / Land ohne Worte)
出版:Verlag der Autoren(2008年)
翻訳出版本
出版社名(出版年月)
「無実/最後の炎」
出版:論創社(2010年)
著作権者(代理会社)
著作権者(代理会社) Verlag der Autoren
Scheleusenstrasse 15 60327 Frankfurt am Main, Germany
日本における代理店