オペラの基礎知識
オペラの歴史
オペラの用語辞典

椿姫
フィガロの結婚
カルメン
蝶々夫人
サロメ
ニーベルングの指環

オペラが観たい!
オペラに行きたい!
>他の作品を見る フィガロの結婚 カルメン 蝶々夫人 サロメ ニーベルングの指環

有名な作品「椿姫」
ページ 1 2





あらすじ 第1幕・パリ、ヴィオレッタのサロン
  前奏曲が終わると、華やかなパーティ会場へと幕が開く。
  パリの社交界を彩る金持ちたちが集い、主催のヴィオレッタは愛想をふりまくのに余念がない。ガストン子爵が南仏の田舎から出てきたばかりの青年アルフレードを紹介する。彼は、一年前からヴィオレッタに恋をしており、彼女と近づきになれるよう熱心に働きかけて、この場に来ていたのだ。アルフレードが詩を披露して歌い、皆が加わって乾杯が終わる。だが、ダンスが始まろうとしたとき、ヴィオレッタが倒れる。彼女は肺病に冒されているのだ。アルフレードは付き添いながらこれまでの熱い思いを打ち明ける。恋愛は手練手管刺して考えなかったヴィオレッタの胸に、葛藤が沸き起こる。娼婦は純粋な愛に生きることができるのか、それとも、それは道を外れたことなのだろうか。



第2幕・第1場/パリ郊外の別荘〜第2場/パリのフローラのサロン
  アルフレードの情熱にほだされたヴィオレッタは、彼とともにパリ郊外で静かな生活を送っている。実のない生活に見切りをつけたつもりのヴィオレッタだったが、世間知らずのアルフレードのため、男たちから貢がれた宝石などをお金に換えて生活を支えている。アルフレードはそれすら気づかず愛の生活に酔っていたが、女中から忠言され、自責の念にかられて家を飛び出す。
  アルフレードの留守中に、彼の父、ジェルモンが訪ねて来る。アルフレードの妹に縁談が持ち上がっているが、兄とヴィオレッタの関係が障害になっていると言う。ジェルモンは息子が食い物にされているとばかり考えていたが、実態は、ヴィオレッタが献身的に現在の生活を支えていると知る。しかし、それでも家の名誉のため別れの手紙を書くように強要する。
  ヴィオレッタは、アルフレードとの愛の成就は幻想だと悟り、泣きながら別れの手紙をしたためる。
  ヴィオレッタは、戻ったアルフレードに、彼の父が訪ねて来たことを告げて家を出て行く。やがて届いた別れの手紙を読んだアルフレードは、突然の別れがヴィオレッタの心変わりによると信じ込み、彼女に対する仕返しを誓う。

  ヴィオレッタの友人フローラのサロンでドゥフォール男爵に伴われたヴィオレッタと再会したアルフレードは、やけくそになって博打を始める。心配したヴィオレッタが止めると、所詮女は金で買われるのだ、とヴィオレッタを罵り、勝ち金を彼女に投げつけて侮辱する。ショックのあまり気絶するヴィオレッタ。怒ったドゥフォール男爵は、アルフレードに決闘を申し込む。



第3幕・パリ、下町のヴィオレッタの部屋
  病が重くなり、家も財産も全て売り払って死の床についたヴィオレッタ。決闘騒ぎ以来、外国に去ってしまったアルフレードの帰りを願い、かつて彼からもらった手紙を読み返しては、愛の日々を回想している。美貌も人気も既に過去のもの、外から流れてくる華やかなカーニバル(謝肉祭)の調べが、一層彼女の惨めな境遇を浮き上がらせる。
  そこに、懐かしいアルフレードの声が。父から全ての事実を聞かされた彼は、ヴィオレッタに許しを請いに駆けつけたのだった。しかし、すでにヴィオレッタの命は風前のともしび。
  父ジェルモンも詫びに訪れた頃、待ちこがれたアルフレードと愛を確かめ合ったヴィオレッタは、静かに息を引き取る。



← back ▲ページトップへ

ページ 1 2