オペラの基礎知識
オペラの歴史
オペラの用語辞典

椿姫
フィガロの結婚
カルメン
蝶々夫人
サロメ
ニーベルングの指環

オペラが観たい!
オペラに行きたい!
>他の作品を見る 椿姫 フィガロの結婚 カルメン 蝶々夫人 ニーベルングの指環

有名な作品「サロメ」
ページ 1 2





あらすじ 全1幕・月あかりに照らされたヘロデ王の宮殿のテラス
  時は西暦30年頃、奥の広間では、イェルサルムの王ヘロデが王の廷臣たちと宴の真最中。宮殿で見張りをしている衛兵隊長のナラポートは、美しい王女サロメから目を離すことができない。この様子を見た小姓は、そのように王女を見つめると何か悪いことが起こりそうだ、と警告する。
  空井戸の中から、救世主の到来を告げる予言者ヨハナーンの声がする。ヘロデは、妻ヘロディアスの願うままに、この予言者を幽閉している。ふたりの衛兵は、ヨハナーンが情け深い人物であること、また、ヘロデは心の底で彼を畏れているのだ、と語り合う。
  そこに、宴席を抜け出したサロメが現れる。彼女は、母の再婚相手である好色なヘロデが、娘となった彼女をなめるように見るのに嫌気がさしていた。月の光を浴びて、夜気に身を浸すサロメ。その耳にヨハナーンが母を告発する警句が届く。その声に興味を引かれたサロメは、衛兵にヨハナーンを外に出すよう命ずるが、ヘロデ王から禁止されていると拒否される。サロメは、ナラポートににじり寄って懇願し、ついに承諾を取り付ける。
  井戸の蓋が取られ、ヨナハーンが姿を現す。彼は、ヘロデとヘロディアスの不義と結婚を厳しく断罪する。サロメは、その姿と声に魅了されてゆく。サロメは、ヨナハーンの髪や肌に触れようとするが、厳しく拒絶される。あらゆる媚態でヨナハーンを誘惑しようとするが、彼は厳しい態度を崩そうとしない。サロメの欲望は、拒絶されるたびに高まって行く。
  一方、サロメの狂態を目にしたナラボートは、激しく傷つき苦悶して自害する。だが、サロメはその死体を踏み越え、さらにヨナハーンに接吻を迫る。ヨハナーンは、サロメを姦淫の母の娘と断じて、古井戸の中へと戻ってしまう。サロメは打ちひしがれて、井戸の傍らにくずおれる。
  ヘロディアスが、娘ばかり見ているとヘロデを詰りながら出て来る。ヘロデは、ナラボートの流した血で足を滑らせ、不吉な予感におののく。ヘロデは、サロメに酒や果物を勧めて傍らに座るよう誘うが、サロメは相手にしない。古井戸からは、またヨハナーンの声が聞こえる。ヘロディアスは、苛立って、殺してしまえと言うが、ヘロデは、聖者と呼ばれる者に手に掛けることを畏れている。
  宴席の五人のユダヤ人たちは宗教論議を始め、二人のナザレ人も加わって、救世主の出現や奇跡について語り合う。井戸からは、ヨハナーンの声が響く。この重苦しい雰囲気を払おうと、ヘロデはサロメに踊りを所望する。サロメが拒否すると、ヘロデは何でも望むものを与えると誓う。サロメは、身にまとった7枚のベールを1枚ずつ脱ぎ捨てながら、劣情を煽るかのように激しく踊り続ける。
  ヘロデは、踊り疲れて倒れ込んだサロメに何を所望するかと訊ねる。サロメは、「銀の皿に載ったヨハナーンの首」と答える。ヘロディアスは、娘の要求を喜ぶが、ヘロデはあまりの要求にうろたえる。しかし、サロメはあくまでもヨハナーンの首を求め続ける。ヘロデは呆然と、娘の願いを叶えるよう命ずる。斬首人が井戸に入り、サロメは待ちきれないように中の様子をうかがう。やがて、ヨハナーンの生首が載った銀の盆が差し出された。サロメは、陶然としてその生首を見つめ、愛と怨みの言葉を繰り返し囁きかける。恍惚としたサロメが激しく生首に接吻し、血の味に陶然とすると、ヘロデは狂態のおぞましさに怖れおののき、サロメを殺せと叫ぶ。



← back ▲ページトップへ

ページ 1 2