オペラの基礎知識
オペラの歴史
オペラの用語辞典

椿姫
フィガロの結婚
カルメン
蝶々夫人
サロメ
ニーベルングの指環

オペラが観たい!
オペラに行きたい!
>他の作品を見る 椿姫 カルメン 蝶々夫人 サロメ ニーベルングの指環

有名な作品「フィガロの結婚」
ページ 2 3





解説 作  曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
台  本:ロレンツォ・ダ・ポンテ
種  類:4幕のオペラ・ブッファ、イタリア語
上演時間:約2時間45分〜3時間
初  演:1786年 ウィーン、ブルク劇場

 『フィガロの結婚』の原作は、ボーマルシェの喜劇三部作の第二部『フィガロの結婚、またはばかげた一日』(1784)。第一部は後年の1816年にロッシーニが作曲し、オペラ『セビリアの理髪師』になりました。
  この戯曲のテーマはずばり、階級闘争。召使いたちが機知を働かせて領主をやりこめるという風刺の効いた作品です。初演の際には、ウィーンの権力者たちが上演禁止令を出して不快を露わにしたとか。しかし、この窮地を救ったのは、モーツァルトのオペラをいくつも手掛けた台本作家のダ・ポンテでした。彼は、問題箇所を巧妙に削除しながら原作のもつ毒を残し、オペラ史上屈指の優れた台本を書き上げたのです。そして何よりも、モーツァルトの華麗な音楽が、登場人物たちの浅ましさや貪欲を、愛すべき人間性へと昇華させます。


登場人物 アルマヴィーヴァ伯爵(バリトン)
伯爵夫人(ソプラノ)
フィガロ……………伯爵の召使い(バス)
スザンナ……………フィガロの許嫁で伯爵夫人の侍女(ソプラノ)
ケルビーノ…………伯爵の小姓(ソプラノ・ズボン役)
マルチェッリーナ…伯爵の侍女頭(ソプラノ)
バルトロ……………医者でかつて伯爵夫人の後見人だった(バス)


みどころ   フィガロの結婚式当日。わずか一日の間に、様々な登場人物の思惑が絡み合い、あちらこちらで騒動が…。愛情、欲望、しがらみが一気に噴き出す大忙しの一日を、美しい音楽とともに、人間性豊に描き出します。
  冒頭、軽快な序曲からウキウキした気分が掻き立てられ、フィガロのアリア〈もう飛ぶまいぞこの蝶々〉、ケルビーノのアリア〈自分で自分が分からない〉〈恋とはどんなものかしら〉、伯爵夫人のカヴァティーナ〈愛の神よ、安らぎを与えたまえ〉、アリア〈楽しい思い出はどこへ〉などを堪能。第2幕、伯爵の「スザンナ出ておいで」の三重唱からたたみかけるフィナーレや第3幕の六重唱など、沢山の歌手が重なるアンサンブルも充実。終幕は、幕切れに至る伯爵の悔悛の情、そして許す夫人の寛大な心根に感動。めでたし、めでたしのカタルシスがいっぱいです。




  ▲ページトップへ next →

ページ 2 3