オペラの基礎知識
オペラの歴史
オペラの用語辞典

椿姫
フィガロの結婚
カルメン
蝶々夫人
サロメ
ニーベルングの指環

オペラが観たい!
オペラに行きたい!
>他の作品を見る 椿姫 フィガロの結婚 蝶々夫人 サロメ ニーベルングの指環

有名な作品「カルメン」
ページ 1 2





あらすじ 第1幕・セビリアのタバコ工場前
  町を警護する竜騎兵たちの中で、ドン・ホセは、とりわけ真面目な青年だ。タバコ工場が昼休みになり、女工たちが広場に出て男たちと賑やかに話をしていても、職務中のホセだけは知らぬ顔。
  ひときわ目を引く美人のカルメンは、言い寄る男たちを適当にあしらいながら、表情すら崩さないホセに興味を持つ。カルメンは、ホセに流し目を送りながら官能的に歌い、最後に赤いバラを投げて工場の仕事に戻る。
  ひとりになったホセは、花を拾う。かすかに心が動いている。しかし、そこに許嫁のミカエラが、ホセの母からのキッスを届けに来る。心温まる時間を過ごしたホセは、カルメンの面影を振り払い、ミカエラとの結婚を決意する。
  突然、工場内が騒然とする。カルメンが喧嘩の末、女工仲間を刺したのだ。縛り上げられたカルメンは、見張りのホセをかき口説いて縄をほどかせ、居酒屋で落ち合う約束をして逃亡する。



第2幕・居酒屋
  カルメンと女たちが酒を飲み、楽しげにジプシーの歌を歌っている。竜騎兵のスニガ隊長が、カルメンを逃がした罪で牢に入っていたホセが、釈放されたと言う。
  闘牛士のエスカミーリョが登場し、華やかに闘牛士の歌を披露する。彼は、早速カルメンに目をつけたようだ。
  夜更け、密輸業者のダンカイロが、次の仕事の相談を始める。話がまとまりいざ出発となるが、カルメンはホセを待っているので残ると言う。間もなく、ホセの歌声が聞こえてくる。再会したふたり。カルメンは官能的な踊りで彼をもてなす。だが、すぐに帰営のラッパが鳴り、ホセは帰ろうとする。カルメンは、自分を愛しているならここから一緒に放浪の旅に出ようと誘惑する。ホセは、枯れたバラを取り出してカルメンへの愛を歌う。そのバラは、初めて会ったときにカルメンが彼に投げたものだった。
  隊長のスニガが居酒屋に戻ってきて、ホセを見とがめ、すぐに兵舎に戻るようにと怒鳴る。ホセは逆上して、剣を抜いてしまう。居酒屋の客たちが間に入ってその場は収まるが、ホセは脱走兵となって悪事の片棒を担ぐことになる。



第3幕・第1場/山の中の岩場 第2場/セビリアの闘牛場
  カルメンはすっかりホセに飽きている。盗賊の一味の連絡場所となっている山中で、カルメンが自分の未来を占うと、結果はなんどやり直しても「死」だった。不安に駆られるカルメン。盗賊の一味は出かけ、ひとりホセが見張りとして残る。
  ミカエラがホセを探しに来て岩陰に隠れると、エスカミーリョが現れる。ホセは、カルメンを狙うエスカミーリョに決闘を申し込み、組み伏せる。しかし、あわやというところに盗賊団が戻って、ふたりを引き離し、エスカミーリョを逃す。岩陰から出てきたミカエラは、ホセの母が病の床にあると告げる。ホセは、エスカミーリョの抜け駆けを案じながら山を下りる。

  闘牛の日、カルメンはエスカミーリョとともに現れ、皆の歓声を浴びる。ホセはカルメンに、自分の元に戻ってくれと懇願するが、すでに彼女の心はエスカミーリョのものだった。カルメンがホセを振り切って闘牛場に入ろうとしたとき、嫉妬に狂ったホセは短剣で彼女の胸を刺す。我に返ったホセは、カルメンの遺体に取りすがって号泣する。


← back ▲ページトップへ

ページ 1 2