オペラの基礎知識
オペラの歴史
オペラの用語辞典

椿姫
フィガロの結婚
カルメン
蝶々夫人
サロメ
ニーベルングの指環

オペラが観たい!
オペラに行きたい!
>他の作品を見る 椿姫 フィガロの結婚 カルメン サロメ ニーベルングの指環

有名な作品「蝶々夫人」
ページ 1 2





あらすじ 第1幕・長崎の港が見下ろせる丘にある家とその庭園
  陽気なアメリカの士官ピンカートンが、ゴローの案内で長崎の新居を下見している。今日彼は、15歳の日本の少女、蝶々さんと結婚式を挙げるのだ。ピンカートンは、結婚式に招かれた領事のシャープレスに、日本にいる間は現地で妻をもつが、アメリカに帰ったら本国の女性と正式に結婚するつもりだと話す。シャープレスは、その軽薄な考えに呆れ、このままでは悲劇が起きるだろう、と忠告する。
  花嫁行列が到着する。シャープレスは、汚れを知らない可憐な花嫁の様子に心を打たれ、身の上を訊ねる。蝶々さんは、没落した武家の娘で、父は切腹したと語る。さらに、蝶々さんはピンカートンに、教会に出かけてキリスト教に改宗したと伝える。
  結婚式が始まり、ふたりは正式に署名する。続いて宴が催され、芸者たちの踊りがたけなわとなる。そこに、蝶々さんの伯父ボンゾが乗り込んでくる。僧侶である彼は、蝶々さんがキリスト教に改宗したことに逆上し、彼女を激しく責める。ピンカートンは、何とか彼を追い出し、悲しむ蝶々さんを慰める。星空の下、長大な愛の二重唱が続く。


第2幕・3年後 第1場/蝶々さんの家 第2場/次の朝
  ピンカートンがアメリカに帰ってすでに3年が過ぎた。スズキは、仏壇に手を合わせ、蝶々さんの今後を案じる。蝶々さんは、夫はコマドリが巣を作る季節に帰ってくると誓ったと言って、スズキをたしなめる。
  ゴローと領事が訪れ、蝶々さんは驚喜する。領事は、ピンカートンからの手紙を持ってきたのだが、彼女の無邪気な喜びようを見て、渡すのをためらっていた。そこに、金持ちの公爵ヤマドリが来て、当てにならない外国人との結婚を解消して、自分と結婚しようと迫る。だが、蝶々さんは相手にもせず、ゴローとヤマドリは退散する。
  シャープレスは、蝶々さんの様子を見るにつけ、手紙の内容を伝えられなくなる。もし、ピンカートンが戻らなかったらどうするのか、と訊ねると、蝶々さんは、芸者に戻るか死ぬだけでしょうと答える。シャープレスは居たたまれなくなって立ち去る。
  スズキがゴローを引きずってきて、とんでもないことを言いふらすと怒る。ゴローは、アメリカでは内縁の子どもなど認めないと言っただけだとうそぶく。蝶々さんは怒って、父の形見の短剣でゴローを追い出す。
  その時、彼方から大砲の音が聞こえる。港にアメリカの船が入ったのだ。蝶々さんは歓喜して、スズキとともに部屋中に花びらを敷き詰め、ピンカートンを出迎える用意を始める。

  夜明けまで待っても、ピンカートンは来ない。蝶々さんは、疲れた子供を休ませようと寝室に入る。そこに領事とピンカートン夫妻が来て、スズキに、アメリカで結婚したことを話す。彼らは蝶々さんの子どもを引き取りに来たと言う。スズキは嘆いて、蝶々さんがどんなに健気に夫の帰りを待っていたかを語る。自責の念にかられたピンカートンは逃げるように立ち去る。蝶々さんが出てきて、ピンカートンの姿を探すが、スズキが泣いているばかりで、彼の姿はどこにもない。しかし、庭にアメリカの婦人を見つけて、全ての事実を悟る。蝶々さんは子どもを渡すと約束すると、仏壇の前に座る。形見の短剣で自害を決意するが、子どもが走り寄るので最後の別れをし、遊びに行くよう促してひとり自害を果たす。遠くから、蝶々さんを呼ぶピンカートンの声が聞こえる中、息絶える。



← back ▲ページトップへ

ページ 1 2