オペラの基礎知識
オペラの歴史
オペラの用語辞典

椿姫
フィガロの結婚
カルメン
蝶々夫人
サロメ
ニーベルングの指環

オペラが観たい!
オペラに行きたい!
>他のページを見る オペラの歴史 オペラの用語辞典

オペラ入門「オペラの基礎知識」
ページ 2

オペラとは何か?

斬新に生まれ変わる伝統の総合芸術

  豪華な舞台に着飾った歌手たちが登場して、大げさに歌う。これが、オペラに対するごく一般的な印象です。ポピュラー音楽に馴染んだ耳には、オペラ歌手の歌は風変わりに聴こえるものです。
  オペラは17世紀初頭、まだ人類が電気を使えなかった時代に誕生しました。マイクロフォンはおろか、劇場の照明すらない時代に上演されたの です。オペラが手本としたギリシャ劇の舞台は野外劇場でしたが、当時から俳優の声を観客に届かせるためにあらゆる工夫がされました。すり鉢状の円形劇場の形はそのよい例で、俳優たちは「巨人の声」に憧れたと伝えられています。古来、良く通る、響きのある声は俳優や歌手の必須条件でした。そして、音響機器が発達した現在も、ホールでは生の歌声で上演するのがオペラの特徴です(野外ではPA装置を使うこともあります)。
  オペラの歌手たちは、増幅しない生の声だけで数百人の観衆を魅了しなくてはなりません。そして、3時間を超すものもある、長い上演時間を持ちこたえなくてはなりません。身体と精神力の極限を追求し、さらにパフォーマンスに優れた歌手たちに出会うのが、オペラの最初の楽しみです。
  ところで、オペラは作曲された時代や場所によって様々な趣を持ちます。現在では、世界中であらゆる時代、あらゆる国に生まれたオペラを上演しますが、その形は当時のままではありません。楽器そのものやオーケストラの編成が変わり、歌唱法が変わっていることは言うまでもなく、さらに演出が加わることで新たな解釈に基づく公演が当然になっています。
  音楽と劇とが融合した総合芸術であるオペラ作品は、400年にわたって作り続けられ、素材として受け継がれながら常に新しく変化しています。


オペラが完成するまで

原作、台本、作曲の天才たち

  オペラが出来上がるまでには、原作、次に台本、それに基づく作曲、上演のための演出という流れがあります。既存オペラの原作に多いのは、戯曲ではシェイクスピアでしょう。他に、フランス革命前後に活躍した、ボーマルシェ、文豪シラーやゲーテ、ロシアのプーシキンらの作品も多く見られます。
  優れた原作をオペラにするために腕を振るうのが台本作家です。代表的な作家として、バロック時代に美辞麗句を駆使したメタスタージオ、モーツァルトの傑作を生みだしたダ・ポンテ、ヴェルディのお抱え作家ピアーヴェ、オペラ史上最高の完成度と評価されるオーストリアの劇作家ホーフマンスタールなどがいます。
  台本が完成すると作曲が始まります。作曲家は、歌だけでなく、間断なく流れる音楽全てを完成させます。この背景の音楽が、舞台の雰囲気や状況、登場人物の心理を表わします。映画の音楽はオペラの方法を受け継いでいるのです。
  ところで、オペラの音楽は、クラシック音楽と異なるものでしょうか。双方の有名作曲家は別のジャンルに属すると思われがちです。じつは、17世紀半ば頃から、クラシック音楽の作曲家が最終目標にしたのが、オペラでの成功でした。しかし、優れた作曲家が必ずオペラで成功できるとは限らなかったようです。
  オペラが出来上がると、次は演出家の登場です。演出は、どのような舞台を実現するかという構想に基づきます。伝統的なスタイルで時代考証を重んじる場合もあれば、別の時代に設定を移す場合もあります。極端な例では、イタリア語作品を英語に変えてしまうことすらあります。装置や衣装を抽象的な概念に基づいて創作し、物語のテーマを強く浮き上がらせる演出もあります。つまり、同一の演目が、演出家のアイディアで変化する様を見る楽しみも増えているのです。





▲ページトップへ next →

ページ 2