特集

2015/2016シーズン

新国立劇場バレエ団

2015/2016シーズン

芸術監督からのメッセージ

2015/2016シーズンは、新制作の全幕バレエ『ホフマン物語』で開幕いたします。本作品の振付家ピーター・ダレルは、スコティッシュ・バレエを設立し芸術監督として活躍した、英国バレエの歴史を語るうえで欠かすことのできない人物です。私自身、スコティッシュ・バレエで長い間ダンサーとして活動してきたため、英国バレエの特徴であるドラマティック・バレエに魅力を感じ、当バレエ団でもストーリー性のある演劇的なバレエ作品をぜひ上演したいと考えました。このピーター・ダレルの代表作『ホフマン物語』を、日本人スタッフによるデザインで装置と衣裳を一新し、新国立劇場バレエ団版として蘇らせます。個性的なキャラクター達が織りなす人間模様を描いた本作品でダンサーの表現力と芸術性を高め、お客様にお楽しみいただける舞台を創りたいと願っております。
年末はクリスマスシーズンの風物詩とも言える『くるみ割り人形』。そして年明け早々には、バランシンの傑作『セレナーデ』、パ・ド・ドゥ集に続き『ライモンダ』より第3幕と、バレエの名場面を揃えた華やかな「ニューイヤー・バレエ」を組みました。また2月にはロマンティック・バレエの名作『ラ・シルフィード』を、ウエイン・イーグリング振付で男性ダンサーのみで踊られる作品『Men Y Men』との二本立てで上演します。5月にスペインを舞台にした明るく楽しい古典作品『ドン・キホーテ』を取り上げた後、芸術性とエンターテインメント性が調和したビントレーの全幕バレエ『アラジン』で、シーズンを締めくくります。
また、ダンス公演のひとつとして、新国立劇場バレエ団ダンサー自身による振付作品と、2014年にバレエ団によって初演されたジェシカ・ラングの『暗やみから解き放たれて』を「Dance to the Future 2016」として上演する予定です。振付作業を通してより深く作品と向き合うダンサーの成長と創造力にご注目ください。
2シーズン目も、幅広い層のお客様にご満足していただけるような、多種多様で質の高い新国立劇場のバレエ公演でありたいと願っています。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

  • facebook
  • twitter
  • twitter

大原永子

大原永子

Ohara Noriko

舞踊芸術監督

橘秋子、牧阿佐美、アレクサンドラ・ダニロワ、イゴール・シュベッツォフに師事。橘バレエ学校を卒業後、橘バレエ団を経て1956年、牧阿佐美バレヱ団結成と同時に入団。62年に『白鳥の湖』の主役に抜擢され、以後同団のプリマ・バレリーナとして古典、創作を問わず数多くの作品に主演する。71年にアメリカに留学し、74年に渡英。ニューロンドンバレエからロンドン・フェスティバル・バレエ、さらにスコティッシュ・バレエへと移籍。77年、スイスのバーゼル・バレエに一時在籍した後、78年に再びスコティッシュ・バレエに戻り、96年までプリンシパル・ダンサーとして活躍。72年舞踊批評家協会賞、82年芸術選奨文部大臣賞、91年服部智恵子賞を受賞。95年よりスコティッシュ・バレエでコーチを務める。97年には大英勲章(OBE)を日本人アーティストとして初めて授与された。
2004年紫綬褒章受章。12年橘秋子賞特別賞受賞。1999年より新国立劇場バレエ団のバレエ・ミストレスを務め、2010年に同団の監督補に就任。12年9月から新国立劇場舞踊芸術参与。14年9月新国立劇場舞踊芸術監督に就任。