Dancers

  • シーズン契約ダンサー
  • 登録ダンサー
  • 楠元郁子 Kusumoto Ikuko
  • 登録ファースト・アーティスト First Artist
PHOTO

山口県出身。市川せつ子バレエ団、コヌマ・バレエアートを経て小林紀子バレエアカデミーにて学ぶ。1989年に同バレエシアターに入団。1997年の設立とともに新国立劇場バレエ団に入団。2004年にコリフェに昇格。コール・ド・バレエの中心的存在であり、またこれまでに数多くのソロパート、長身で個性的な雰囲気を活かしたキャラクターロールを踊っている。2011年よりファースト・アーティスト。

新国立劇場での主なレパートリー

「眠れる森の美女」金の精、王妃
「白鳥の湖」スペイン、ハンガリー、大きい4羽の白鳥、王妃
「くるみ割り人形」東洋、スペイン、トレパック
「くるみ割り人形」(牧阿佐美版)シュタリバウム夫人
「ライモンダ」ドリ伯爵夫人、サラセン
「ドン・キホーテ」ギターの踊り、ボレロ
「ジゼル」バチルド
「カルメン」(石井潤)メルセデス
「オルフェオとエウリディーチェ」(ウォルシュ)精霊
「FEELING IS EVERYWHERE」(島崎徹)
「アラジン」(ビントレー)アラジンの母
「カルミナ・ブラーナ」(ビントレー)街の女、娼婦
「こうもり」(プティ)メイド
「ロメオとジュリエット」(マクミラン)キャピュレット夫人、3人の娼婦
「マノン」(マクミラン)マダム