運営理念

新国立劇場の使命

新国立劇場は、現代舞台芸術における我が国唯一のナショナル・シアターとして、優れた舞台芸術の創造・振興・普及に努め、我が国の文化の向上に寄与し、心豊かで活力ある社会の持続的な発展に貢献することを使命とします。

新国立劇場が目指す姿

新国立劇場は、世界水準の質の高い舞台がいつも上演され、広く国民に親しまれ、海外からも高く評価されるとともに、世界的な芸術家を育成し、現代舞台芸術の発展に貢献する劇場となることを目指します。

新国立劇場の基本方針

世界水準の舞台をつくります

  1. 日本の強みをいかして世界的な普遍性を備えた優れた舞台を創造し、その成果を世界に発信します。
  2. 世界水準の舞台をつくるために、チャレンジ精神をもって新しいものに取り組みます。
  3. お客様と感動をともにし、お客様の視点に立って広く現代舞台芸術の普及に努めます。
  4. 舞台に関わる人をつくります

    1. 次代を担うトップレベルの芸術家を育成し、優れた芸術の継承と創造に寄与します。
    2. 舞台の基盤を支える専門的人材を育成し、現代舞台芸術の発展に寄与します。
    3. 社会との関わりを大切にします

      1. 現代舞台芸術の将来にわたる普及のために、次世代に向けた公演活動に努めます。
      2. 新国立劇場の芸術的成果を全国各地で紹介し、地域の振興に寄与します。
      3. 内外の劇場・芸術団体との連携・協力を図り、現代舞台芸術の振興に貢献します。
      4. 現代舞台芸術の調査研究、資料情報の収集・活用を推進し、将来にわたる普及と振興に役立てます。